ストレスには内部と外部がある

ストレスを溜めやすい人にみられる共通点として 自分の共用範囲を超えてまで、頑張りすぎる人 絶対NO!とはいえない人などがあります。 また、職場や地域社会など 日常的に接する場の空気を読むためには 自分の気持ちに不本意なことがあっても 従わざるを得ないことも少なくありませんね。 しかし、こういう状態がずっと続くと 体内に溜まるストレスは半端ではなく ニキビや肌荒れなどが顕著になる人もいます。 「ストレス」については いまさら説明するまでもありませんが 大きく分けると「外的要因」と「内的要因」とになります。 「外敵要因」とは、自分がいる場所の温度や騒音などのほか 身体の過労も該当します。 対する「内的要因」は、自分の精神状態になり 怒りや悲しみなどのマイナスの感情がストレスになるのです。 適度なストレスに身を置くことは モチベーションアップのために必要ですが 自分のなかで危険信号を感じたときは 思い切って気分転換することを心掛けましょう。 たとえ短時間でもいいので 仕事現場を離れて散歩することで、気分転換にもなります。